大学職員に転職(就職)したけどやっぱ結構いいわ~


<このブログについて>
このブログは以下の目的で運営しています。
 ・大学職員に転職や就職したい方のために割と生の情報を提供する。
 ・現役大学職員の方のやや勉強となるような情報を提供する。
 ・ブログを書くことでちょっとだけ自分自身の勉強にしちゃう。

<微妙にオススメな情報>
・大学職員への転職(就職)を目指している人、受験に迷っている人はまずはこちらをチェックするとよいよん♪
・できるだけ早く大学職員になりたい方はこちらをチェックしてな~♪
・大学職員の面接試験を突破したい方はこちらをチェックしちゃいなよ♪

<合格へ向けて勉強しちゃお!>
大学職員になるには~大学職員になるために読むべき本【基礎編】(まとめ)~
大学職員になるには~大学職員の学生支援・教務部門を目指す人が読むべき本(まとめ)~
大学職員になるには~大学職員として大学経営に携わりたい人が読むべき本(まとめ)~
大学職員になるには~受験する大学が決まっている人が読むべき本(まとめ)~

        <スポンサーリンク>


大学職員に就職・転職したい人がチェックすべき大学ニュース(平成29年1月2日の週分)

大学職員に就職・転職した人がチェックすべき大学に関するニュースを紹介します。
就職・転職活動に役立てていただければ幸いです。

<大学ニュース①>
■タイトル
 ニューヨーク州の公立大学が授業料の無償化を発表

■参照元
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170104/k10010828391000.html

■何となくの内容
・アメリカでは授業料の高騰により学生が多額のローンを抱えることが問題となっている。
・ニューヨーク州の学生ローンの平均残高は340万円にものぼる。
・このような問題を解決するため、ニューヨークの公立大学については、授業料の無償化を目指すこととなった。
・今後は州議会の承認を得て、秋から無償化を進める予定である。

■コメント
・日本のでも学費については同様の問題があると言われています。
・最近では日本の政府も給付型の奨学金を創設することを発表しましたが、微々たる額であると思われます。
・各大学でも様々な奨学金(給付型を含めて)を準備しているところですが、このような世界のニュースも抑えておくとよいと思います。


<大学ニュース②>
■タイトル
大学で「うどん学」の授業

■参照元
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170107/k10010831761000.html

■何となくの内容
・高松大学では3年前から「うどん学」の授業を実施している。
・授業内容はうどんの歴史や製法などである。
・講師にはうどん店の経営者もまねかれている。

■コメント
・地域の特色を出すための取組を行う大学は多くあります。
・今回は「うどん学」ということでしたが、インパクトもあり、面白い取組だと思います。
・大学のある地域で考えられる取組を検討してみるのもおもしろいと思います。
・研修のテーマなどにもなりそうですね。


<大学ニュース③>
■タイトル
 奨学金を入学前に支給

■参照元
http://www.sankei.com/region/news/170107/rgn1701070035-n1.html

■何となくの内容
・山口県萩市は従来4月に支給している奨学金を3月に支給すると発表した。
・3月は入学金などの入学前の金銭負担も大きいことから、保護者の期待に応えたとしている。
・萩市では、小・中学校進学予定者にランドセル代を補助する「就学援助費」など独自の支援を行っている。

■コメント
・大学に進学する受験生は、受験料、入学料、授業料(施設整備費含む)と色々とお金がかかります。
・特に入学料は数十万円となりますが、入学前に振り込むことになっています。
・3月に支給するというのはすごくよい取組だと感じました。


<大学職員の採用試験を受ける前に知っておくべきデータや課題・用語等>
 大学職員に合格するための情報が数多く掲載されています。
 18歳人口や大学の学校数などデータだけでなく、大学の課題や用語なども紹介されています。
 キンドルの電子書籍ですが、PCやスマフォでもアプリを入れることで読むことができます。
 Kindle for PCのダウンロードはこちら
 iPhoneアプリのダウンロードはこちら
 Android用アプリのダウンロードはこちら




無料でできるストレングスファインダー!?自分の「強み」がわからないときはリクナビネクストのグッドポイント診断が素敵!

みなさん、「ストレングスファインダー」って知ってますか?
「ストレングスファインダー」とは、
アメリカのギャラップ社という会社が開発した心理テストで、
個人の「強み」や「才能(資質)」を診断してくれるものです。

個人の「強み」や「才能(資質)」とは、
適応性、活発性、コミュニケーション、慎重さ、共感性
未来志向、学習欲、責任感、戦略性、社交性など34種類があり、
この心理テストではそのうち、上位5つの「強み」や「才能(資質)」が
結果として出されれるものとなっています。


転職活動をしていると、選考書類を書くときや面接の場などで、
「自分の強みや自分の良さってなんだろう」と悩むことがたくさんあると思います。

そんなときにストレングスファインダーを行うことで、
自分自身が今まで気が付くことのできなかった
自分の「強み」や「才能(資質)」を知ることができます。


このストレングスファインダーを受けるには、
専用の書籍を購入するなどいくつか方法があるのですが、
だいたい1,000円~2,000円程度かかってしまいます。

ちなみに、専用の書籍は、
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」などです。


しか~し、リクナビネクストでは、
無料でストレングスファインダー似た「グッドポイント診断」というテストを受けることができます。
(リクナビネクストの登録は無料でできるので完全無料で受けることができます。)

グッドポイント診断では18種類のグッドポイント(強み)から、
上位5つのグッドポイント(強み)を示してくれます。

ということで、私自身も試してみました~

まず、私の強みは、
 ①受容力
 ②決断力
 ③柔軟性
 ④感受性
 ⑤親密性
という結果でした~

細かい解説を見ていくと、
①受容力は「考え方が異なるタイプの人ともうまくやれる」
②決断力は「ものごとをスピーディーに考えられ思い切りよく決断できる」
③柔軟性は「臨機応変に動ける」、「自分なりのアレンジを繰り返すことができる」
④感受性は「円滑な人間関係が結べる」、「相手のトーンやタイミングに合わせることができる」
⑤親密性は「常に謙虚な気持ちで行動できる」
などなど、面接の場などで使えそうなフレーズがたくさん載っていました。


ちなみに、診断結果は以下のようなイメージです~
グッドポイント診断①
グッドポイント診断②
グッドポイント診断③


無料なのに、結構、細かく結果がでるんですね~

大学職員の採用試験は競争倍率が高いことから、
事前の準備・対策がすごく重要になります。
(片手間で受けてもなかなか受からない。)

このため、自分の「強み」をしっかりと分析するというのも、
大学職員に採用されるためには必要なことになると思います。

リクナビネクストの「グッドポイント診断img src="http://h.accesstrade.net/sp/rr?rk=0100khtq00dgd6" width="1" height="1" border="0" alt="" />」は、
無料で自分の「強み」を知ることができる数少ない方法だったので、
興奮を抑えきれずご紹介させていただきました~

グッドポイント診断テストを受けるか受けないかは・・・
あなた次第です!!!


グッドポイント診断を受けたい方は、以下から受けることができます。





関連記事

転職活動(就職活動)にやる気が出ないときは「転職力診断テスト」をやってみよう!予想内定者数や予想年収がわかるよ。

転職活動(就職活動)は、なかなか先が見えないこともあって、
何かやらなきゃいけないんだけど、
全然やる気がでないというときもよくあると思います。

そんなときは、「転職力診断テスト(無料)」をやってみるのもよいと思います。
自分の現状を分析してもらいつつ、簡単なアドバイスをもらうことで、
何をすべきかがわかったりします。

その他にも、気持ちをリフレッシュするという意味で、
試しに受けてみるということでもよいと思います。


診断結果では、基本事項として、
 ①転職力総合得点
 ②総合順位
 ③予想内定社数
 ④予想年収
の4つを知ることができます。

予想年収が出るのは面白いです。
低かったらショックですが(笑)

ちなみに私の結果は以下のとおりでした。
総合順位が2863位で、予想年収が569万円なので、
なんとくなく微妙な結果です(笑)

<私の診断結果①>
転職診断①


その他にも、
 ①自己分析力
 ②将来ビジョン策定能力
 ③タイミング把握力
 ④企業分析力
 ⑤交渉説得力
 ⑥ビジネス基礎能力
について分析していただけて、それぞれのアドバイスもいただけます。

<私の診断結果②>
転職診断②


所要時間は10分弱くらいなので、
電車に乗っているときやお昼休みなどの
ちょっとした空き時間でも実施することができます。

皆さんの予想年収はどれくらいですかね?
ぜひやる気が出ないときなどに使っていただき、
モチベーションのきっかけにしていただければと思います。
(結果によりやる気をなくすパターンもあるかもしれません(笑))

転職力診断テスト(無料)は「こちら」からできます。







関連記事